RC造解体

RCは鉄とコンクリートを組み合わせて建てられているため、非常に頑丈な構造を持っています。そのため、RC解体は大規模な解体工事になることが多く、その解体には高度な技術や大型の重機が必要になります。

当社には、これまでの数多くの施工で培ってきた豊富な経験がありますので安心してお任せください。近隣の方々の安全にも十分配慮し、慎重に解体工事を進めていきます。

RC建築の解体方法

〇圧砕工法

圧砕機を取り付けたショベルを使って鉄筋コンクリートを粉砕します。
振動や騒音を抑えることができるため、多くの工事でこの工法が採用されています。

〇大型ブレーカ工法

圧砕工法では対応しきれない大きな断面を持つ建物の解体で採用されます。
騒音や振動は大きくなりますが、建物の形状に関係なく効率良く解体を進めることができます。

〇ハンドブレーカ工法

重機が入れない建物の解体で行われます。ハンドブレーカの扱いには、現場で培われた熟練の技術が必要になります。

〇転倒工法

危険のある高所での作業を減らすため、高さのある構造物を転倒させて解体していきます。
周囲に破片が飛び散る量が少なくなるため、周囲への影響を最小限に留めることができます。

解体工事の求人、産業廃棄物のことなら株式会社エスケーテック

【TEL】055-900-1781
【営業時間】8:00~17:00(日・祝定休)
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】裾野市を中心に静岡県東部/神奈川県県西部
※その他エリアに関してはお気軽にご相談ください!

一覧ページに戻る